2019.06.12

婦人科最高のツボ 三陰交

こんにちは!
十条銀座「誠真堂鍼灸院」院長の東です。

今日は、婦人科疾患に効くツボを紹介したいと思います。

その名も「三陰交(さんいんこう)」です。

内くるぶしの頂点に小指をあてて、
指4本分上の骨の際にあります。

三陰交は、肝臓・脾臓・腎臓の
3つの経絡が交わった場所にあるツボなので、
このような名前が付けられました。

これら3つの臓器は、
女性に最も大切な「血」に深い関係がある臓器です。

そのため、このツボは「婦人科の特効穴」として、
古代から常用されてきました。

生理不順や生理痛、閉経、不妊など、
あらゆる婦人科疾患に用いられます。

また、男女問わず
食欲不振や腹痛、下痢といった消化器系の症状や
男性のED治療など生殖器系疾患にも使われる
とても効果の高い優秀なツボです。

女性の皆さんは、このツボを定期的に柔らかく押すと、
婦人科疾患予防や症状の軽減に効果があります。

また、働く女性に大切なのは、日々の身体のケアです。

特に、男性と同じ条件で働いている女性は、
食事の量や質に気を配り、十分に睡眠時間を取り、
身体から発せられる「危険信号」に
敏感になって身体のケアを行えば、
健康に仕事を行うことが出来ます。

 

誠真堂鍼灸院 東洋史

Amebaブログは、こちら↓
https://ameblo.jp/dongyang1044

院長の著書「東洋のチカラ」が
Amazonランキング1位を獲得しました!

© 誠真堂鍼灸院