2018.12.08

便秘に悩む女性の味方 ホウレン草

こんにちは!
十条銀座「誠真堂鍼灸院」院長の東です。

当院にお越しの患者さんは、8割が女性です。
そして、そのほとんどが便秘に
悩んでいらっしゃいます。

便秘も鍼灸で改善するのですが、
今日は便秘によい食べ物の話をしたいと思います。

タイトルにもあるように、
ホウレン草は便秘に効果のある食べ物です。
中国では、数百年前から妊婦の便秘に
薬としても用いられてきたようです。

栄養学的にも、
ホウレン草は、緑黄色野菜の中でも
栄養価が抜群に高く、
鉄分や亜鉛を多く含んでいるため、
貧血にも効果があります。

さらに、豊富に含まれる食物繊維が、
胃腸をキレイに掃除してくれるんですね。

まさに、ホウレン草は、
貧血や便秘に悩む女性の味方ともいえる
食べ物なんです。

しかし、
どんな方にも良い効果があるとはいえません。

それは、ホウレン草は「寒」の性質を
持つ食べ物であるため、
身体を冷やす作用があるからなんです。

だから、身体が冷えていて
お腹を触るといつも冷たい方や、
舌が紫色をしている方、
便の出始めは出にくいのに
出始めると軟らかい便がズルズルと出てくる
といった便秘の方には、ホウレン草は適しません。

なぜなら、上記の症状がある方は、
身体が「寒」の方に傾いているからです。

「寒」に傾いた方が
「寒」の性質を持つ食べ物を食べると、
より「寒」の方にバランスが崩れてしまいますよね。

ホウレン草は、
イライラしやすい方、舌が真っ赤な方、
目が充血しやすい方、
排便時に肛門に灼熱感を感じる方の便秘に
効果があります。

これらの症状が出る方は、
身体が「熱」に傾いているからです。

もし、「寒」に傾いている方が
ホウレン草を食べる場合は、
かつお節をまぶして食べるようにすると
良いでしょう。

カツオは、「温熱」の性質を持った食べ物ですので、
ホウレン草の「寒」の性質を中和してくれます。

万人に共通する健康法や、
万人に良い食べ物はありません。

それぞれの体質に合った食材を選んで
摂取できるようになるのが、理想なんですね。

これからも、このように
飲食物の持つ性質をご紹介しながら、
健康的な食べ方を解説していきたいと思います。

ご参考になれば、嬉しいです。

© 誠真堂鍼灸院