2019.05.21

鍼灸学校3年生の勉強法 ~プロローグ~

こんにちは!
十条銀座「誠真堂鍼灸院」院長の東です。

さて、3年生のみなさんは、今
国家試験対策でてんやわんや状態だと思います。

学校では、おそらく毎月
模擬試験が行われているでしょう。

そして、これまでの試験に出題されていた問題との
レベルの違いに驚き、不安を感じている方も
少なくないのではないでしょうか。

さらに、今まで学習していたことのほとんどを
忘れてしまっているという残酷な真実…。

かく言う私も、3年生の初めの模試では、
だいぶ打ちのめされました。

鍼灸学校に入ったのは、つい先日のことのよう…。

3年間は、本当にあっという間です。

そして、その3年間で一番大切なのが
3年生として過ごす
これからの1年間になります。

私が鍼灸学校に通っていたのは、夜間部でした。

大急ぎで仕事を時間までに終わらせて、
授業に間に合うように大慌てで会社を出る、
といった生活でしたので、
行き帰りの電車が勉強部屋のような感じでした。

家に帰ったら、もうクタクタで、
とても復習できる状態ではなかったですね(^_^;)

しかし、そんな状況でも
苦手だった臨床医学各論も克服でき、
かなり高い得点で合格することができました。

つまり、大切なのは、
どれだけの量を勉強するか、ではなく
どのように勉強するか、なのです。

効率的かつ効果的に勉強すれば、
短期間で実力アップが図れます。

次回から、数回に分けて、
鍼灸学校3年生の勉強の仕方を
ご紹介したいと思います。

1回ごとの内容が、かなり長くなりますが、
きっと3年生の皆さんには
お役に立てるものであると思っています。

どうか、参考になさってください。

そして、有意義な1年間を過ごしていただければ、
とても嬉しく思います。

 

誠真堂鍼灸院 東洋史

© 誠真堂鍼灸院